ジューサンケンチクの家づくり

家づくりの始め方 イメージ

家づくりは分からないことだらけ。でもご安心ください。それが当たり前なんです。
家は欲しいけれど、家づくりは何から始めたらいいの? そんな質問をよくいただきます。家を建てるということは、一生に1度あるかないかのことが普通ですから、そう思われるのは当たり前。
 
逆に設計士は、毎年何棟ものお家づくりに携わっていますから、皆さんのお悩みにピンポイントでお答えします。
持ち家を持とう!と思ったら、まずはお気軽にご相談下さい。

POINT.1 我が家をつくる

ご家族の数だけ、暮らし方、スタイルは存在します。だから、家に求める内容も少しずつ違っているはず。ひとつひとつの部屋、家族の団らんスペース、庭の木々、家に関する全てはこれからの家族の想い出を育ててくれます。住んでいて気持ちよく、楽しい住まいをつくることは一番大切なことだと考えます。
 
背伸びすることなく、他の家を真似るのでもなく、展示場で選ぶのでもない、あくまで等身大でつくる住まいが素敵な我が家となるはずです。

POINT.2 一緒につくる

設計士は家づくりのプロだから、すべて任せておけば大丈夫!そんなお声をいただくこともあります。そこまでの信頼を置いていただけるのは、とても光栄なことですが、施主と設計士がチームとなって一緒に家をつくることも、重要です。
 
設計士として、もちろん出来る限りの提案をさせていただきます。ですが、まずお客様のご希望をしっかりヒアリングし、それらを実現するためのノウハウを共有できればと思います。
 
「こんなことできるかな…。」って思った事は、迷わずご相談下さい。

POINT.3 適正な価格

ジューサンケンチクセッケイは、安さを競い合うことはしませんが、確かな品質を確保したうえでの適正な価格を提案します。
 
弊社は、現場で働く職人と直接取引をするので、不要なマージンなどの中間経費を省いて、原価にて工事を行っています。
 
また、完成後のメンテナンスも考えてデザインする住まいは、住む年月が増えるほどに、その良さを実感していただけるはずです。そのため、建て売り住宅よりコストがかかるとは一概には言えないと思います。

DR13施工イメージ

POINT.4 素材、施工も確かなモノを

家そのものをデザインすることはもちろん、ジューサンケンチクセッケイでは「時間のデザイン」も大切にしています。
 
それは、木、土、紙、布、石といった素材は、年月の経過にともなって風合いが増していくもの。そして良い素材からは、さらに優れた風合い、愛着が生まれます。
 
10年、20年と時が流れるにつれ、どんどん家を好きになっていく。そのための工夫を欠かしません。

POINT.5 長く使うということ

良い家だから長く使い続けるのではなく、長く残せる家が「素敵な家」という考え方。孫の代まで住み繋げていけるような、魅力と耐久性に優れた家づくりを心がけています。
 
家を長く使うためには、メンテナンスは欠かせません。定期的な点検をはじめ、気になる箇所があれば、いつでもご連絡ください。すぐにかけつけます。