「小出邸」

シャープな軒のラインとは対照的なピラミッドの様な大屋根が

印象的(宝形造り、と言う屋根との事)

大正14年築

設計者は堀口捨巳

オランダ建築を研究されていたらしく

日本建築の洋室では無い、独特の雰囲気を感じることができました。

外観好きです、「常盤台写真場」

2階がスタジオになってる関係で

北側(建築当時は)に大きな窓とトップライトが

※室内写真が無い!

昭和12年築

照明設備の発達していない時期の撮影スタジオ

いろいろな細工を見る事ができました。

COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : お勉強 未分類 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

uO13