行ってみたかった場所【江戸東京たてもの園】

これだけはと一番に入場したのが「前川國男 邸」

シンメトリー、リビング開口をセットバックした外観は

いろんな雑誌で見てるが、やっばり実物はカッコいい。

吹抜けリビング。

昭和17年築、当時のスケール感を実感しながら・・

(ただポーズを決めたかっただけ)

使い易そうな台所、雰囲気は現在でも人気がでそう。

裏(玄関)は初めて見る。

堀の開口部を通して玄関が見える

ちょっとした提案、勉強になります。

 

COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : お勉強 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

uO13