June2013

DSC00977_r1

前回のコメントで 雨よどこへ? などど言ってたら、ここ数日の悪天候。

テンポ良く進んでいた外壁モルタル工事も、やっと本日完了です。

玄関ポーチ正面の木製サッシと板張りの軒裏、今回は余り濃い着色をせず

樹種そのものの風合いを損なわない仕上げに。

 

DSC00975_r1

内部大工工事もほぼ終了、来週からは仕上げ工事の工程に進みます。

武田棟梁ともしばらくのお別れ?常に整理整頓された現場は素敵な仕上がりに

反映すると思います、いつもありがとう!

 

 

IMAG0327

初めて訪れました、新しくなった県病院。

お見舞いに伺った部屋には腰下から天井までの大きな窓が!

病室のイメージを一掃する、明るく開放的なスペースにびっくりしました。

(窓のフレームが写真に写りこまないぐらいデカイ・・)

数日後には退院との事、ここの景色も見納めですが、あまり長くは眺めたく

ない窓ですよね。

 

 

 

 

COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : キタシロハウス 

シルバーフェイス

IMG_20130611_0094-1

晴天の続く6月。

おかげ様で屋外での作業は遅れることなく

順調に進んでおります。

作業スタッフには酷な暑さ、いつもありがとうございます!!

IMG_20130330_0021

6年前に新築工事をさせていただいた(ワンズ株式会社在籍中)I様邸、

エクステリアの補修工事と合わせて板塀の新設工事を行いました。

新築当時にご提案した写真左のデザインを気に入って頂き今回も

同じバランスにて製作。

材料も同じく南米産の天然木アマゾンジャラを採用、耐久性は実証済

そのままの状態で特にメンテナンスも不要、南側ウッドデッキにも採用していただきました。

 

 

IMG_20130611_0100

完成!

赤褐色と植物のグリーンが鮮やかなコントラストです!

アマゾンジャラの楽しみは年数が経ってからも素敵な表情を

見せてくれます。

左側の板塀、表面が白銀化(シルバー色)に!これがまたいい味

出してくれます!

ただ色褪せるだけでなく、本当に銀色の様な深いシルバー色に・・

2色の塀を楽しんだ後はゆっくりお揃いになる日を楽しんでくださいね!

 

 

COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : GARDENS 

未確認物体

DSC00964

キタシロハウス。作業も進み棟梁の工程も残りわずかとなりました。

着工時は長袖だったのもTシャツに・・この日も30度超え!

梅雨よどこへ?

 

 

DSC00959

只、そのおかげで外部工事は予定通りに進んでくれます。

左官職人さんが外壁モルタルの仕上げ作業中。

以前、あまりにも軽やかなコテさばきに見とれ、ちょっとだけ

させてもらったのですが・・はい、邪魔しただけ、さすがプロです!

 

DSC00968

んん?謎の円盤。

実はダイニングに取り付けるシーリングライトのバランスを見るために

作った、実物大モック。

採用予定の商品にいくつかサイズ違いがあるためどれが一番

良いか見比べてみます。

モックと言えるほど立派な物ではないですが(製作時間数十分・・・)

 

 

COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : キタシロハウス 

米作り

KICX1370

近所の水田では田植えラッシュ

週末ともなると親族が集まり、いつもは静かな田園風景がカラフルな

農業機器で?華やかになります。

 

dc062501

写真は2004年の田植え風景、以前は実家でも作ってましたが数年前から

休田状態、親が高齢になり世話が出来なくなったというよくあるパターン。

稲刈りや田植えは手伝えても日々の水当番や消毒などを見てやれない為

サポートもなかなか難しい・・(ちゃんとやってる方もいらっしゃいますが・・)

 

KICX1371

(ご近所、同年代のご夫婦が実家のお手伝い中、お疲れ様デス!)

 

お米をスーパーなどで買うと言う事にも最初は違和感がありましたが

最近ではご近所の農家の方に安く分けて頂いたり、銘柄で食べ分けて

みたりと新しい楽しみ方を見つけています。

家で稲作の手伝いをさせられてからお米作りの大変さ、ありがたさ

が誰に教わるでもなく身についています、ごはんを残さない、少しぐらい

行儀が悪くても米粒一つお茶碗に残さない・・

そんな気持ちを自分の子供たちにも伝えて行ければなと思います。

 

COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : et cetera 

uO13