ネイビーフィールドハウス

DSC04525

1年検査のネイビー・フィールド・ハウス

悩んだ末の外壁仕上げ、やっぱりカッコイイ!

もみじ建築、乗松社長と細かくチェックチェック。

DSC06674DSC06673

検査終了後、レンジフードの分解掃除をお手伝い。

普段外さないヶ所もこの際にと、ご夫婦で共同作業

我が家もやらねば・・・

4 (1280x853)

お引渡しの時はインナーガレージ内で組立中だったZⅡ

年末に完成後、ナンバーも取得。

「ツーリングも行ったよ~」羨ましい!

我がバイクも・・やらねば・・

DSC06675

 

COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ネイビーフィールドハウス 

薪ストーブの使い始め。

ここ数日で急に寒くなった感じがします、お引渡しから1カ月

お待たせしました、今日はサンシン暖炉さんより取扱い説明の後

初めて火を付ける〝火入れ式〟です。

今回のネイビーフィールドハウス、煙道を室内に取り2階部分にも

煙突がみえるレイアウトにしました。

2階は子供室、煙突からの輻射熱が伝わり暖房としても

期待できます。

もちろん、室内は2重煙突にしてますから触ってもほんのり

暖かい程度、火傷の心配はいりません。

レクチャーを受け、いよいよ火入れ・・

点火~(ライターですが・・)

 

〝炎が主役〟というコンセプトから生まれたベルギー製

ドブレ社のストーブ。確かに炎がよく見えます。

鋳物専門メーカーだから出来る精度の高い製品は母国

環境省からも承認を受けるほど燃焼効率が良く

環境にも優しいのです。

思わず見入ってしまう、炎のゆらぎ・・

あと数回慣らし運転を行えば完了です。

今年の冬からストーブライフ楽しんで下さいね!

 

 

 

COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ネイビーフィールドハウス 

ネイビーフィールドハウス見学会、楽しい二日間となりました。

四国中央市では初の開催だった為、来て頂けるのか・・少し心配でしたが

沢山の方にご来場いただきました!

準備や当日の受付などのスタッフ業務にも大勢の

サポート、本当にお世話になりました。

来場者の方から、沢山ご質問頂きましたが時間が無く、すべての方に説明が出来ませんでした。

ごあいさつだけになってしまった方も・・

申し訳ありません。

 

 

ジューサンケンチクセッケイではこの様に、実際に建てられた家を見ていただく

イベントを開催しております。

ご案内は情報誌、HP等にて告知致しますが、メール又は、はがきにてのご案内も承ります。

ご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

次回の開催、どうぞご期待下さい、ありがとうございました。

 

COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ネイビーフィールドハウス 

四国中央市土居町 ネイビーフィールドハウス

完成見学会、開催してます。

薪ストーブ販売、三新機械さんのご協力で美味しい焼き芋も

出来上がり来場者の方に喜んでいただいてます。

美味しそうでしょ!

26日(日)は10:00~17:00まで行ってます

是非お越しください。

 

 

COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ネイビーフィールドハウス 

今週25日(土)と26日(日)開催します完成見学会のお家、
ネイビーフィールドハウスは見所たくさんなのです。

写真は薪ストーブの施工風景。

内装工事が終わってから最後の仕上げ、煙突の取付

慎重に・・

薪ストーブの第一人者 三新機械さん

作業当日は天気が悪かったのですが、さすが手際の良い作業、約半日で設置完了

です!

煙突経路は部屋内を1階から貫通させるイメージ

スッキリと真直ぐのシルエットがカッコいいのと

煙突掃除のし易さ、上階の部屋にも暖房効果が期待出来るとの理由から

決めました。

もちろん、手が届く範囲と屋根裏部分は火傷や火災を防ぐよう2重(2層)煙突に

しました。

設置後の雰囲気は是非!会場にてご覧ください。

 

それと・・・

 

 

冷蔵庫が~

 

 

 

 

こちらも必見です!(建築に関係無い・・かな?)

今週末、皆様のご来場おまちしてます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ネイビーフィールドハウス 

東予地方の秋祭りも残すところわずか。

新居浜出身の私も、もちろん太鼓台フリーク。

先日お引渡しのネイビーフラットハウスご主人は太鼓台

指揮者を担当、毎年家族全員で楽しまれています。

何かお祭りに関連する演出ができればなどと思案中

玄関ホールに取付けるカウンター材を打合せしてたらご主人が

サンプルの中からブビンガを見て

「神輿の太鼓、筒部分の材料ですね」

ブルーグリーンの輸入壁紙に負けない素材と思っていたので

色合いもピッタリ!即決です!

ケヤキ材が主であったが国産は近年不足しているため ブビンガが

採用されている事もあるそうで、

写真は皮面を外した所、くり抜かれたブビンガ材の状態が

良くわかります(写真提供 ご主人)

家族にしか解らない、フフフと思えるアクセントって

面白いですよね。

引き続きエクステリア工事がスタート。

完成見学会には出来上りを観て頂ける予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ネイビーフィールドハウス 

見学会開催決定!

施主様のご厚意にて、出来たてのネイビーフィールドハウスを

ご覧ください。

来週配布の広告を一足早く掲載

敷地をいっぱいに使ったスタイリッシュなレイアウト。

インナーガレージや薪ストーブ、ネイビーブルーのキッチンに造り付け収納スペース

床材は無垢のブラックウォールナット材、壁のアクセントに輸入クロス貼りなど・・

みどころが・・満載なのです!

10月25日(土)・26日(日) AM10:00~17:00

場所:四国中央市土居町入野163-1 ※案内看板を目印にお越しください

松山方面からお越しの場合、新居浜ICから約10分

四国中央市内からお越しの方は 土居町役場の東側、ポルシェセンター四国中央の

近くになります。

当日、会場にて薪ストーブ(屋外用)を使った焼き芋の実演も実施予定。

是非お越しください。

NAVY FIELD HOUSE

四国中央市、新築現場。

足場が外れて外観もお披露目です。

外壁仕上げは、多層吹付塗装に骨材入り。

オーナーと何度も悩みながら決めた色も正解!

ただ暗いだけじゃなく、表情に変化があり太陽光の当り方

でいろんな色に見えるのです。

長女のRimちゃん。部屋のクロス選びにも参加。

アクセントクロスに好きな色と柄が、いい感じ(^_-)

 

今回の家造りでキーワードとなったのが・・

住み始めてからの楽しみ方、沢山の人とのコミュニケーションが

楽しい空間、自分たちの好きな空間で過ごす時間、

新しい物と人の中でも地域との交流を大切にしているオーナーの気持ちが

表れた建物になったと思います。

 

インテリアのポイントになった色と地域名を組み合わせて・・

お家の名前決めました。

NAVY  FIELD(ネイビーフィールド) HOUSE。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ネイビーフィールドハウス 

四国中央市の現場。

いよいよ仕上げ工事に取り掛かります。

この日は晴天だったのですが、なぜかいつも工事終盤になると天気が悪くなり

工程がずれてしまう・・日頃の行いなのか・・

リビング、薪ストーブ設置スペース。

背面に遮熱用にタイルを張って防熱板を取り付けるのだが

バランスが気になり、大きさが決まらない・・

実際に現地でトレースしたり、イメージを膨らませて悩む、悩む。

いつもの事ながら工程ギリギリまで粘ってしまい職人さんを困らせて

しまうのです。

残りわずが、ブログがUPする頃には外壁も仕上がって全貌が見えてきます。

いつもこの瞬間が楽しみ!

 

 

 

 

 

 

 

 

COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ネイビーフィールドハウス 

四国中央市、新築現場。

施主様、ご親族の方も参列いただき厳粛な雰囲気の中

もみじ建築、仙波棟梁の祝詞奏上(のりとそうじょう)にて上棟式を行いました。

今回はお施主様のご希望で〝餅まき〟を開催!

建売住宅の増加や近所付き合いが気薄になり最近では珍しく

自身もこの業界でまだ数回しか行った事がありませんでした。

貴重な体験です。

口コミだけのお知らせでしたがご近所の方も含めたくさんの方に

お集まり頂きました。

中でもびっくりしたのが、地元青壮年部が秋祭りの神輿(東予地方ですから太鼓台です)に取り付ける

太鼓を持参して祭り本番さながらのバチさばきで会場を盛り上げてくれました!

家を建てることは大きな厄災を招くという考えがあり、

その厄を避けるために餅や小銭をまいて他人に持って帰ってもらうという説があります。

今回は投げる側でお手伝いしましたが、やっぱり拾う側の方が楽しそうで・・

次回は下で待っておこうかな?

 

 

 

 

 

 

COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ネイビーフィールドハウス 
1 / 212

uO13